元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

ドレスのデザイン別ケア

ブライダルエステでは、ウェディングドレスのデザインや形状によって、ケアを必要とするパーツが変わってきます。


事前にウェディングドレスのデザインをエステサロンのスタッフに伝えて、必要となるケアを中心に、コースを提案してもらいましょう。

まだ、はっきりとドレスを決めていない方は、顔、首、デコルテ、背中など、ほとんどのウェディングドレスで必要となるケアを網羅したコースがおすすめです。

エステサロンによっては、後からドレスが決まっても、それに合わせて若干ケアを変更してくれるところもあるので、コースを決める前に相談してみると良いでしょう。

それでは、ドレスのデザイン別のおすすめケアを紹介します。
「ビスチェ」は、特にデコルテを強調するドレスです。

そのため、ネックとデコルテトリートメントで胸元を美しく見せ、バストトリートメントできれいなバストラインを目指しましょう。

「マーメイド・スレンダー」は、もっともセクシーなドレスと言えます。
特に、ヒップとウェストのラインが強調されるので、ヒップアップやウェスト痩身などで、きれいなラインに仕上げてください。

「ショートレングス」は、大胆に足を見せたドレスです。

太ももまで見えるため、レッグトリートメントやレッグスリミングによって、足のラインを整えて、美しく輝いた足を実現させましょう。

「背中空きドレス」は、背中のトリートメントやうぶ毛処理などで、普段ケアすることの少ない部分を、念入りにケアして、おもいっきり背中の開いたドレスを着こなしましょう。




posted by 美容の法則 ブライダルエステ 記録の細道 at 12:53 | Comment(0) | ドレスのデザイン別ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。